過呼吸対処法.net » 五十肩の予防

五十肩の予防

五十肩は年齢によって、肩の関節の可動域が狭くなり、動かすことによって痛みを伴う病気です。予防は、日常的にストレッチや運動を取り入れることですが、デスクワークをしている人のように、長時間、同じ姿勢で手や肩に負担がかかる場合、症状を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。


肩の負担を出来る限り少なくするためにも、出来る限り時間ごとに運動を取り入れるなどして、肩の疲労感を取り除くようにするとよいでしょう。

仕事の合間であっても、2、3時間以上、同じ姿勢でいることがある場合、出来る限り軽く運動する、肩の上に上下に手をあげて、軽く動かすようにする、というような動きを取り入れることによって、症状を軽減することができるようになります。

肩の負担に関しては、意識して軽減しなければ痛みが慢性化することもあるので、肩に出来る限り負担のかからないように注意してください。

また、痛みに関しては、肩以外にも、腰、首などの疲労感から痛みの原因が発生してしまうこともあります。出来る限り早期のうちに治療を心掛けるなどして、肩の痛みについて、出来る限り軽減しておくようにするとよいでしょう。

肩の痛みについては、もし早い段階で察知したら、専門医に相談してレントゲンなどで神経を圧迫していないか確認してもらうようにすることが肝心です。

建設現場などの業務では、業務前にラジオ体操などをすることがありますが、これは、肩より上に手をあげる作業が多い人に該当する作業です。

このようにすることで、肩の血流を良くし、肩より上に手をあげるような作業のときに、過大に負担がかかることを防いでいるといえます。

定期的に肩の動きを取り入れることによって、痛みを大きく軽減することにもつながるので、出来る限り日常の中でうまく取り入れるようにすることが望ましい治療方法ということがいえるでしょう。