過呼吸対処法.net » ペーパーバック法について

過呼吸とペーパーバック法

ペーパーバック法というものを聞いたことはありますか。名前としては知らなくても、過呼吸が起こった際の処置として知っている人は非常に多いと思います。

これは過呼吸の際の応急処置のひとつとして昔から知られている方法で、紙袋を口に当てて、自分の吐いた二酸化炭素を吸うようにするものです。

これは昔は、素人が咄嗟に行える応急処置として良いものとされていましたし、病院でも行われていた処置です。

しかし最近ではこのやり方はメリットよりデメリットの方が多いということで、このやり方が疑問視されるようになってきました。

確かに、このやり方で過呼吸の発作が落ち着く人もいることは事実です。しかし実際には、このやり方でかえって症状を悪化させ、最悪死亡させてしまうこともあります。

素人がやりがちなのが、袋をぴったりとつけてしまうことです。確かに二酸化炭素が減っているのですから増やさなければいけませんが、だからといって酸素を取り込めない状態にしてしまえば、窒息してしまいます。

しかしきちんと酸素を取り込む隙間を作ったとしても、症状の改善方法としては焼け石に水です。過呼吸が起こっている時は、血中の二酸化炭素濃度・酸素濃度をキチンと図るためのセンサーが衰えている状態でもあります。

このため、通常時に比べて酸素が足りないということに気付きにくく、気付かないうちに酸欠になってしまうのです。

袋に穴をあけるなどしても、通常より取り込む酸素量が極端に少ないことには変わりなく、酸素が足りないことに気付かないまま、酸欠で意識を失ってしまう。最悪、窒息死ということにもなりかねません。

過呼吸が起こった場合には、落ち着くことを意識して時間が経つのを待つしかありません。時間が経てば、症状は落ち着いてきます。

ただし頻発する場合や発作が起こった際に頭痛や胸の辺りに痛みを感じる場合には他の病が原因になっている可能性もありますから、こういった心当たりがある人は速やかに病院で診察を受けるようにしてください。