過呼吸対処法.net » 腰痛とカイロ

腰痛とカイロ

カイロといえば、元々は燃料を入れた重たい容器、平べったい容器のことを言いますが、最近は貼るだけなどの化学的なタイプが主流になっています。

また、冬場の作業にも欠かせないツールですが、腰痛持ちにも欠かせません。腰痛にもツボがたくさんありますが、カイロをこのツボの位置にあわせて貼っているという方も多いようです。

たとえばウエストのくびれのあたりにもツボがあります。腰への血行を促進したり、痛みを緩和してくれるツボ、ツボといえばやはり押したり鍼治療をするところ?というイメージが強いですが、ツボは温めることで刺激できれば問題ありません。

衣服に貼るタイプの商品もありますが、このタイプもかなり長続きするようです。

スーパーなどでも箱買いできるタイプ、これが一番人気があるようですが、夜寝ている間にずっと貼っていると朝起き上がりもスムーズになったり、会社でデスクワーク中に、現場作業中、受験勉強中など、様々な環境、寒さをしのぐべきケースで有効です。

しかし1点だけ要注意なのが、これは温めるツールですので、冷さなければならない時期の腰痛にはマッチしないことです。

急性期とも言いますが、腰痛がでてすぐの状態、とくにぎっくり腰が出た場合は氷などで冷すのが肝心です。これはもちろん冬場でも同様です。

寒いですから、室内を充分に暖めて、腰だけじっくりと冷せるような環境をつくることも大切です。温熱グッズとしてはまずもっともポピュラーなグッズです。

家庭用の救急箱にも是非常備しておきたい必需品ですし、寒い地方の家庭では台所やリビングのちょっとした目立つスペースに常備しているところが多いようです。

また子供がおかしな使用方法をしないようにすることも大切です。使い方によっては低温やけどを起こしてしまうものです。

せっかくの便利なツールですので、間違った使い方をしてもう要らない、となるのだけは避けたいものです。