過呼吸対処法.net » フットケア外来と保険

フットケア外来と保険

美容にも健康にも大切な足のケアですが、足をトータルにケアしたいという場合、最近はフットケア外来を受診している方が多くなっています。

また特にフットケア外来が勧められる症状としては、糖尿病患者の方の足の病変があります。


糖尿病で治療を受けている方の中には、足に水虫、深爪やわずかの外傷があっても、放置したり、不適切なケアを行っている例がすくなくありません。またこのような場合には足の病変が起こり安い状態です。

糖尿病患者さんの足を守ることはフットケア外来の最大の勤めでもあります。皮膚科を受診される方もいらっしゃいますが、多くの場合、糖尿病の療養指導士の資格を持つ方が全般的なフットケアを行っています。

糖尿病があるようだ、また足がちょっと見た目よくない、という場合はすぐにでもフットケア外来を訪れることが推奨されます。

もちろん病院でも糖尿病の患者に対してフットケアの大切さを知ってもらうために、このような施設を勧めるところもあります。

またこの診察料、治療費については保険適用の有無のチェックも大切です。糖尿病の場合はそれが原因となって足の病変があるのであれば適用されますが、巻き爪の処置や足浴、マッサージなどでは適用はできません。

今では禁煙などもあり、タバコをやめたいという方にとっての専門として注目されていますが、条件を満たす場合は保険適用が可能になっています。

今後はフットケアの内容によって保険適用が可能になるケースもあると思いますが、美容面での心配が大きい場合などは難しいかもしれません。

足は第二の心臓、足の病気は万病の元、などとも言われ、多くの方が元気な足を健康の大きなポイントであると考えています。特に爪や魚の目などの角質の問題を解決することは必須です。

リハビリとしてウォーキングを多用しているという方にも大切な復帰への要件と言えますし、毎日足に疲労が、という方にもお勧めです。