過呼吸対処法.net » 腰椎分離症と歩行訓練

腰椎分離症と歩行訓練

腰椎分離症になりますと、歩くこともままならない、というケースになることもあり得ます。脊柱管狭窄症に発展し、間欠性跛行を起こすなどが主な例ですが、手術をした場合、最初のうちはうまく歩くことができるかどうか不安なものでしょう。

また、腰椎分離症の症状自体は緩和されても、手術したばかりですので実際にあるくこともおぼつかないという場合は多いでしょう。

腰椎分離症の名医などによって手術を受ければ、腰椎分離症の痛みは取れますが、やはり術後はその周囲には違和感が残りますし、歩くことの他にも色々と不便が出るものです。

またこのような状態をより早く改善するのがリハビリテーションです。腰椎分離症のリハビリは手術前から行うことも多く、手術が順調に運ぶために筋力をつけたりすることが主な目的ですが、入院が長ければ長いほどリハビリは大事になってきます。

筋力をつけるために膝を伸ばしたままで下肢を持ち上げたり、下肢を伸ばすなど、基本的な姿勢と軽い運動ができるようになることが主な目標となります。

関節を動かす練習をする場合には、色々な機械を用いるケースが多く、リハビリルームなどでの練習が主なものになります。生活動作の練習も必要ですが、この場合には歩行訓練が主になります。

座姿勢からの立ち上がりや床や椅子などからと立ち上がりの訓練から始まり、歩行訓練まで、退院後に日常生活ができるようになることを目標とします。

歩行訓練は腰椎分離症の術後にも重要な訓練の1つです。歩行器を使用しての練習、必要であれば車椅子の乗車など、できるだけ自然な方法で立って歩くことができるようになることが目標です。

そのようなメニューを得て、合格すれば退院となりますが、あまりうまくいかない、ということの無いように、腰椎分離症の手術前からきちんとこなしていくことが必要でしょう。

日常必要になる動作は身体ができるほぼ全ての自然な動きです。1つでも漏れることが無いように、しっかりとチェックしておくことが必要です。そして退院後もまた、腰椎分離症の症状がなくなったからといって安心することなく、リハビリを継続する意識を持つことが必要でしょう。