過呼吸対処法.net » 鍼灸院の特徴

鍼灸院の特徴

「鍼灸」と言えば、人間の身体に鍼や灸を用いることで刺激を与え、その刺激による疾病への治療的な介入や健康増進を目的とした技術として、日本では有名ですよね。

この鍼灸を扱うには、日本においては「医師」の免許が必要になります。しかし、医師でなければ鍼灸の施術が行えないかといえば、そんなことはなく、「はり師」、「きゆう師」の資格があれば、鍼灸を扱うことができます(鍼にははり師、灸にはきゆう師がそれぞれ必要)。

ところで、「整体院」という名称はご存知でしょうか。日本にはこの「整体院」が多く存在しているのですが、鍼灸院もその中の一つであるという誤解を持っている人も多くいらっしゃるでしょう。

もちろん、身体の健康について、西洋医学に頼らずに解決を試みるという特徴で言えば、たしかに近しいものがあるのですが、鍼灸院には整体院にはない特徴があります。それは、鍼灸院で施術を行なっている「鍼灸師」は「国家資格」を有しているという点です。

正確には、「鍼灸師」という資格は存在せず、「鍼灸」を扱う処置を施すには、国家資格である「はり師」、「きゅう師」の資格を取得しなければなりません。それがなければ鍼灸院で施術を行うことはできないのです。最近の高齢化を受けてか、はり師、きゆう師の養成学校が多く設立されてるのも特徴です。

国家試験の試験科目である、「医療概論」、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論、経絡経穴概論、はり理論きゆう理論及び東洋医学臨床論 はその全てが必須科目に設定されていて、ほとんどの養成施設で教育が行われています。

このように、鍼灸院では国家によって行われる試験をクリアしている人が施術しているので、鍼灸院の技術には信頼が置けますよね。また、鍼灸院でも特定の症状については、健康保険の適用が可能となる場合もあります。